学協

学生ローンの学協は東京の三軒茶屋店、高幡不動店、鶴川店、神奈川県川崎市の向ケ丘遊園店の4店舗も店舗を構えている学生ローンの会社です。

 

学生ローンとなると高田馬場にあるイメージがありますが、学協は違っていてちょっとバラバラにある感じですね。近くのお店を選ぶことができていいかもです。

 

学協

申し込みの際には顔写真入りの学生証と身分証明書(運転免許証や健康保険証、パスポート、住民基本カードなど)が必要ですので持って行くようにしましょう。

 

その他にも、銀行のキャッシュカードやクレジットカードを持っている場合には、持っておいた方がいいようです。

 

他社で借り入れがすでにあるという人もいるかと思いますが、その他社借り入れありということだけで審査に落ちるということはなく、学協の社内基準で判断してくれるので、相談してみるといいと思いますよ。

 

とりあえず、どちらにしても借り過ぎてしまうと返済できなくなってしまいますので、自分が毎月どれだけ返済できるか?ということを考えて、借りるようにしないといけませんね。

 

学生ローンでお金を借りてしまうと、就職に影響してしまうのでは?という不安を追っている学生の方も多いようですが、学協は個人情報の保護は万全ですので心配いらないようですよ。

 

学協は学生の時に学協を利用していた場合、卒業して社会人になっても引き続き利用することができます。

 

あと、気になる金利ですが、実質年利17.52%となっています。

 

申し込み条件

 

顔写真入りの学生証のある大学生、短期大学生、専門学校生、予備校生の方になります。

 

学生ローンの中には全国で対応している業者もありますが、学生ローン学協の大きな特徴は、関東在住の学生に絞られるという点です。

 

学生ローン学協は、全部で4店舗ありますがその全てが関東圏内にあります。

 

また、関東の学校に通っていたとしても関東に住んでいなければ利用条件には当てはまらないので融資をしてもらうことができないので把握しておく必要があります。

 

そして、もう一つ融資を受ける上で重要なのがアルバイトを行っていることです。アルバイトをしていれば働いた分の収入があるので収入があるとみなされて融資を受けることができます。

 

ですが、学生ローン学協に限ったことではなくきちんとした業者では収入がある人というのが融資をする条件になるので、お金を借りる際には学生でも収入のある環境でなければいけないということも理解しておきましょう。

 

アルバイトをしていない学生が学生ローン学協でお金を借りようと契約をしに行っても審査に通らないという可能性は十分にあります。

 

学生ローン学協は、関東圏内に4店舗ありますが人によってお金を借りる店舗は異なってくるはずです。こちらの学生ローン学協は、4店舗すべての返済口座が一緒というスタイルではありません。

 

そのため、借りたお金は借りた店舗の口座に振り込んで返済を行っていくことが条件になっています。また、窓口にてお金を返済する場合もお金を借りた店舗まで足を運んで借りた店舗で返済をしていきます。

 

引っ越しなどで最初の店舗から住まいが離れてしまった場合、窓口での返済は難しいかもしれませんが、銀行振り込みも可能ですから、銀行口座への振り込みを利用して返済することで返済を滞らせることなく借りたお金を返すことができますので、安心してお金を借りることができます。

 

学協は初回は来店が必須

 

学生ローンを組みたいという人の中には、あまりお金を借りる業者のところまで足を運びたくないと考えている人も中にはいらっしゃるでしょう。

 

学生ローン学協は、契約を行う初回時には必ず店舗の方へ足を運ぶ必要があります。なので、一切店舗などに足を運ばずにインターネットや電話など店舗に足を運ぶ以外の方法でお金を借りようとするのは初回は無理です。

 

なので、WEB完結のような形でお金を借りたいという人は理想の形でお金を借りるのは難しいでしょう。ですが、デメリットばかりではありません。

 

初回契約時に来店するからこそ店舗の人に金銭的な相談に乗ってもらうことが可能です。

 

特に、初めてお金を借りるという人は詳しい借り入れの知識などを持っていないという人もいらっしゃるかもしれません。

 

ですから知識がない人などはまず店舗に行って相談しながら契約を進めていくことによって、WEB完結などでは得ることができない安心感などを得ることができるはずです。

 

始めての学生ローンはある程度の不安を感じることが多いはずです。出来るだけ不安を感じない契約をしたいのであれば初回は店舗に足を運ぶ学生ローン学協を利用することを強くおすすめします。

 

さらに、お金を借りる場合郵送で書類の手続きなどを進めていく必要がある業者などもあるかと思いますが、ダラダラと書類などのやりとりで契約を行うのが面倒だと感じる人などもいるでしょう。

 

学生ローン学協では店舗に足を運ぶことによってその場で契約と融資を行うことができるので、郵送などで時間をかけて契約などを行っていくということはないので店舗にさえ足を運べばすぐ契約が可能です。

 

学生ローン学協では初回は店舗に足を運ぶ必要性があることをご紹介しましたが、2回目からはお金を借りるのに店舗まで足を運ぶ必要はありません。

 

2回目の融資からは、融資の振り込みが可能になっているので気軽にお金の借り入れが行えます。

 

2回目を利用する方で、店舗まで足を運ぶのが億劫だと感じてしまう場合などに関しては、振り込みを利用することで店舗まで足を運ぶのを省ける上に自分の好きなタイミングで振り込まれたお金を受け取ることができるのはうれしいサービスです。

 

2回目からのご利用の際は利用してみると良いでしょう。

 

初回契約時に必要なもの

 

お金の融資を受ける際には、必要になってくるものなどが必ず出てきます。それは学生ローンを組む上でも変わりません。

 

学生ローン学協で融資を受ける場合には、本人確認を行うために、顔入りの学生証に加えて運転免許証や健康保険証・パスポート・住民基本カードなどが必要になります。

 

また、持っている場合は銀行のキャッシュカードやクレジットカードなども持っていくと安心です。学生ローン学協でローンの契約をするために足を運ぶ際にはこれらのものを持っていきましょう。

 

店舗の営業時間は平日の朝9時半から夕方の18時までとなっています。

 

初回の融資を受ける場合は営業時間内までに契約を行うことで融資をしてもらうことができるので、営業時間内に余裕を持って来店をすれば急いだり、焦ったりすることなく融資を受けることができるので、理想としては時間に余裕がある時の来店がおすすめです。

 

ですが、当日中にお金が必要な場合は、振り込み手続きなどもあります。銀行は午後の15時までしか営業していませんので、契約した当日にお金を振り込んでもらいたいならば14時半までには契約を終わらせておきたいものです。

 

また、出来るだけスムーズに契約を終わらせたいという多忙な学生さんもいらっしゃるはずです。

 

アポなどが無くても直接店舗に足を運ぶことで契約は行えますが、場合によっては契約までに時間がかかることもあります。

 

素早く契約を行いたければ、店舗に足を運ぶ前に事前に自分が足を運ぶ店舗に電話をし、契約に行く日時の指定などをしておけば契約完了までがスムーズに運ぶので、忙しい人はそのような手順でアポを入れておくと安心です。

 

また、電話でもある程度借り入れのことに関して相談しておけば、店舗に行ったときにすぐに契約をすることもできるでしょう。