キャンパス

学生ローンは、その名の通り学生を主としたローン会社です。何かとお金が必要になる学生時代をサポートしてくれる、心強い存在です。

 

借金は少し抵抗もあるけど、学生ローンに関してなら少し興味がある、そんな人も少なくないのではないでしょうか。とはいえ、学生時代を終えたからといって誰もが安定した収入を得られるとは限りません。

 

就職がうまくいかなかったり、資格取得に励みたかったり、また仕事に就いたものの、行事や家庭事情で何かと入用、そんなケースも十分考えられます。

 

そこで便利に感じられるのが、以下で特集しているキャンパスです。学生ローンとしてのほか、ヤングローンという形態もとっており、学生に限らず利用しやすくなっています。

 

もちろん、そのほかにもキャンパスの魅力は数多く見られます。無計画な借り入れは危険ですが、事前にしっかり詳細を把握しておくことで、うまく役立てることもできます。キャンパスの詳細について、チェックしていきましょう。

 

どんな会社?

 

キャンパスは、東京都新宿区高田馬場4丁目9番10号に位置する、鈴木ビルの3階で運営されているローン会社です。平成6年と、数ある学生ローン会社の中でも比較的近年設立された会社なだけあって、サービスが充実しているのが特長的です。

 

最寄の高田馬場駅からほど近い距離にあり、また大手予備校と隣接している点も利用しやすさに繋がっています。

 

キャンパスを語る上で、何といっても外せないのが「ヤングローン」としてサービス提供していることでしょう。

 

高田馬場には数多くの学生ローンが点在していますが、ことヤングローンとして活用できる会社は限られています。特徴を詳しく知って、学生時代のみならず、若い時期の強い味方として重宝してみてはいかがでしょう。

 

ヤングローンとはその名の通り、若い世代向けのローンサービスであるということです。20歳以上の学生のみならず、何と最高34歳までの人が申し込めます。若い時期は、何かとお金に苦労してしまいがちです。

 

それこそ、大卒でうまく就職ができていたとしても、社内行事や交遊費、冠婚葬祭などで入用になるものです。

 

そんな場合、一般的には消費者金融を利用する形となりますが、キャンパスなら学生ローン・ヤングローンならではのメリットを活かしつつ、お得かつ安心感をもって工面することができます。

 

ヤングローンキャンパスの大きなメリットとして、金利が代表的です。手軽さが魅力の消費者金融の場合、法定金利の18%かそれに近い金利となる場合が多いです。

 

ところがキャンパスなら、実質年率14.4%〜16.8%と低金利で借りられます。これは低金利が特長的な学生ローンの中でも有数といえる低さであり、ヤング層のみならず学生が融資を受ける上でもメリットとなります。

 

借り入れ限度額は50万円で、急ぎの場合は即日、最短15分で借りられるケースもあり便利です。さらに担保・保証人も必要ないため、知り合いや家族に承認を得る手間も省けます。

 

またキャンパスの場合、学生ローンやヤングローンはいずれも自由な使途で借り入れられます。学生ローンの場合、学業に関連した借り入れが必須となりやすいですが、その点自由なシステムとなっています。

 

ローン融資を受ける上で、かならず理解しておかなければならないのが、金利を含めた返済はかならず必要であるということです。

 

特に学生や卒業間もない人の場合、後先を考えずついつい借りられるだけ借りてしまいがちですが、生活を圧迫する要因ともなりかねないので、気をつけてください。とはいえ、キャンパスならその点比較的安心です。

 

なぜなら、返済期間を最長5年、返済回数60回と、かなり余裕のある仕組みになっているためです。

 

期間が長ければ、その分一回の支払いを抑えられます。仕事に就いて、収入が安定するまでの間は控えめに返済して、余裕ができてから多めに返す、そんな細かい調整も可能です。

 

ですが、回数が増えれば金利支払いもその分増えるというデメリットも伴うので、やはり安易過ぎる借り入れはあまりおすすめできません。

 

しっかり必要額と返済スケジュールを計算した上で検討しましょう。

 

キャンパス独自のローンシステム

【学生ローン】
ここからは、キャンパス独自のローンシステムについて、それぞれご紹介していきます。最初は、学生ローンとして利用する場合です。

 

予備校に隣接するローン会社なだけに、やはり学生ローンとしての活用を考える人は多いことでしょう。キャンパスで学生ローンを利用する場合、どのような条件が適用されるのでしょうか。

 

まず対象年齢については、20〜34歳となります。キャンパスを利用できる年齢の上限まで設定されていますが、もちろん学生であることが前提条件となります。

 

主には、専門学校生・短大生・大学生・大学院生が対象です。これらに該当するようであれば、一般的な大学を卒業する年齢にあたる22歳を超えていても問題なく契約できます。

 

学生であるかどうかの確認については、学生証と運転免許証もしくは保険証を提示する形となります。

 

金利は16.80%に固定されていますが、継続利用、再利用の既存会員に関しては14.40〜16.80%の範囲内にて審査結果次第で決められます。

 

【ヤングローン】
続いて、学生時代を終えた社会人が利用できるヤングローンについてです。

 

こちらも対象年齢は20〜34歳と、学生ローンと同じです。ですが申し込み時には、年齢の条件に加えて保険証と給料明細、顔写真つきの公的身分証1点の提示が求められます。

 

職業としては、会社員、公務員のほか、アルバイトでも有職者であれば対象になります。16.20%、16.80%と2種類年利が用意されており、条件次第でいずれかを適用されます。

 

前述の通り、借り入れ金の使途は自由なので、勤務に関連した支払いから生活費、交遊費、また家庭で使うお金など、幅広く役立てられます。

 

【レディースローン】
キャンパスの特徴的な部分は、ヤングローンのみに留まりません。この学生レディースローンもまた、他ではあまり見られないローンサービスとなっています。

 

学生レディースローンは、その名の通り学生である女性を対象としたローンです。

 

対象年齢は同じく20〜34歳ですが、女性であり、学生証と運転免許証もしくは保険証が提示できる女性のみ利用できます。

 

男女共に利用できる通常の学生ローンと違う点には、金利が挙げられます。通常16.80%のところ、何とこちらでは15.60%にて利用できます。

 

最高50万円の少額融資ローンにおいては、破格ともいえるうれしい低金利となっています。女性で、さらに学生の場合なら検討して損はないでしょう。ただこの条件は新規契約時のみとなるため、継続や再利用時には注意も必要です。

 

このように、キャンパスでは個性的なローンシステムが多岐に役立てられます。学生のみならず、就職後も便利に活用できるため、長期的な利用を考えるのであれば嬉しい選択肢となることでしょう。

 

また女性が利用する場合にも、助かります。またその他、期間限定キャンペーンなども便利に役立てられます。

 

例えば平成28年10月現在であれば、フレッシャーズ応援キャンペーンがおこなわれています。

 

これは社会人の中でも、今年度新卒採用者のみに適用されるヤングローンとなっており、通常のヤングローンでは2種類の金利から適宜適用される形ですが、こちらならかならずお得な16.20%が適用されます。

 

キャンペーンは時期によって開催有無や内容が異なるため、利用前にかならず確認しておいてください。

 

借り入れは、決して安易に利用するべきでもありませんが、しっかり検討した上でなら、便利な存在として役立てられます。特徴的なサービスの用意されているキャンパスなら、状況に合わせてなおのこと重宝できるでしょう。じっくり検討して、ぜひうまく活用してみてください。

 

申し込み条件

 

20歳〜34歳の学生、社会人の方。大学、短大、専門学生の方も利用することができます。

 

≫キャンパスの申し込みはこちら